もちろん今日も英文法ドットコムです。

前回は第一講でしたが、ついに第一講の応用演習問題を解くまでになりました。
応用演習問題は、今までと違って歯ごたえが違います。

瞬間的に解くことができないので、坂木先生が体を電子ボードから離した隙に、さっとiPhoneの一時停止ボタンを押します。
失敗したらちょっと巻き戻しましょう。これで問題文がよく見えるので、しばし考えます。

・・・おそらく・・・これは第3文型・・・

「これはshockedでShe=Shockedだから第2文型!」
やっちまった・・・と思うと「これちょっとひっかけっぽいからね、間違っちゃってもいいよ。次で正解すればいいんだから!」というフォロー。

英文法ドットコムは、前回「面白い」ということを強調しましたが、今回は「できるようになる問題」ということを取り上げたいと思います。

皆さんも気づいているかもしれませんが、英文法ドットコムの各講には必ず、必ずですよ!

基礎演習 3つ

標準演習 3つ

応用演習 3つ

があります。その講の中で学習したことを使って、基礎演習の1つ目を解くと、たいてい、解けない問題があります。ほんと、解けないんですよ。

その解けない問題の解説を聴いてみると、「できなくても大丈夫だからね」とフォローが入るわけです。僕みたいな集中力3.141592でも続けられます。そのまま2つ目の問題を解くわけです。すると、前回と同じ問題だから大体、解けるようになっています。
短期間にやったほうが成果が出やすい、と坂木先生がいっていますが、特にそれぞれの演習問題3つは、セットで学習するとすごく上達が早いでしょう。だって2つ目の問題は覚えているうちならすぐ解けるんですから!それに3つ目ではほぼ満点をとれます。

つまり

演習1 半分ぐらい解ける、でも失敗する

演習2 半分以上解ける、さっきと同じ失敗はしない

演習3 ほぼ全部解ける

というサイクルなんですよ。これで、また標準演習をやると、似てるけどまた少し解けないものがでてきて・・・という形。

坂木先生に、「大丈夫、でも次はがんばって」「どう?できた?」「できてなかったら次で。できてたらおめでとう!」と励まされながら、微妙にミスして傷ついた自尊心もメリメリと回復。

こんな応援と、少しずつ、でもどんどんできるような問題があったら、昔くじけた記憶がある人も、ずっと学習しやすいんじゃないかな?

このページを印刷 このページを印刷
Get Adobe Flash player